忍者ブログ
──人間なんてちっぽけな存在、人間同士が醜く争うなんて馬鹿馬鹿しいと思わないかな?──    ※ブログ記事の内容に対して、及びリンク連絡以外のコメントはお控え下さい。関係無い内容のコメントに関しては此方から削除させて頂きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(※本館「Blast Burn!」の小説をご覧になっている方推奨です)

 その日の夜のこと。
 静けさを取り戻した村の中をホーンとガーリィが歩いている。唯の散歩なので目的地がある訳ではないが、二人はお互いに話しかけることもなく、無言のまま湖の畔の道を歩いていた。
 ガーリィは昼間のことを思い出していた。練習場でメンバーたちの帰りを待っていた彼。颯爽と一番にゴール地点に戻って来たのは、当初の予定通りジュプトルのリーフだった。
 その次に誰が帰って来るのだろうと待ち構えていると、土煙と轟音をあげて“ころがる”でゴールに突進してきたホーン。ドンすけに彼の能力を聞かされていたとはいえ、とんでもないスピードで飛び込んで来た彼には驚かされた。
 これが例の能力──そう、ボルタ同様の素早さのステータス異常だった。唯でさえ普通のサイホーンの何倍の脚力を持った彼が“ころがる”を使う。目にも留まらぬ速さで、あのドンすけの飛行能力ですら追いつけないという。転がるのに脚力は関係ないと思われがちだが、スタートする際の蹴りの初速度や、身体を丸めて出来る限り自分を球体にする為に足の位置をキープするのに大いに関係があるのだ。加速だって実のところ地面に足を一瞬つけた時の蹴りで行われる。“ころがる”は唯転がっているだけの技ではない。
 何故この能力を隠していたのだろうと思いたくなるのは山々だが、このような競走や戦いの場でも無い限り使われないのだろう。今まで生かされなかったのは勿体無い気はする。
 そのホーンの後からショウタとユウダイが揃ってゴールし、残りの面々が山で立ち往生を食らっていることがドンすけによって連絡された。その時点で一次選考は終了。この四人で争われることとなった。
 山に取り残されたメンバーたちの救出が先になり、二次選考は翌日に持ち越し。そして今に至っている。
 歩きながらチラリとホーンの横顔を覗く。何処か俯き加減の表情は、決してこの結果を喜んでいるようには見えなかった。勢いで一次選考を突破したものの、彼にとっての正念場は明日の二次選考。トーナメント形式での一対一のバトルだ。これに勝たなければレギュラー代行の座は射止められない。
 バトル恐怖症というトラウマ──それがどの程度のモノなのか、それをガーリィはまだ知らない。バトルをしたくないのではなく、バトルが怖い。少なくとも今は大丈夫そうだが、いつどのタイミングで発症するかは分からないのだ。
 恐怖症になってから、たった一度だけバトルをしたことがあったとドンすけから聞いた。どうやらそれは二人の間で遊び感覚で行われたモノらしい。ある局面を迎えた瞬間にその忌まわしい過去の記憶──目の前で母親や弟たちが殺された光景がフラッシュバックされ、正気を失いかけたという。思い出す思い出さないは本人の意思によるモノではないらしく、起こるのも突発的らしい。聞いた話なので具体的にどういう状態になるのかは分からないのだが。
 今のホーンはきっと、ベンチメンバーと戦うことへの畏怖と、トラウマへの恐怖と人知れず闘っているのだろう。過去の自分を払拭する為の勇気を振りかざして──。
(……だけど)
 あのラグラージ、ユウダイにも似たような症状があるのは前にも出た話だ。リーフは親友の脱落に対する強い絶望感と闘っている。ましてやショウタだって負けてはいないだろう。決してホーン一人だけが苦しんでいるのでないことを考えると、この選考会に向けられたそれぞれの必死な想いがジンジンと伝わってくる。この状況下で彼は──ガーリィは、ホーン一人を応援することが出来るのだろうか、と考えていた。しかし自分はホーンのポケモンサポーター。此処で支えなければ唯の役立たずである。
 湖の畔を一周し、村の入り口方面の自分たちの家へと向かう途中。秋の虫の音が聞こえてくる。ポロリと零すようにガーリィは口を開く。
「……ねぇ」
「……何?」
「……明日、頑張ってね」
 搾り出せた言葉はそれだけだった。しかし目だけはホーンをしっかり見ていた。間が空き、口元を緩めてホーンは頷いた。そして応えた。
「ありがとう」
 ──その夜は、いつも以上に静かな夜だったという。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<<   第18章 「選考会 その三」 ②    + HOME +    告知   >>
Admin + Write
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[04/07 すなくじら]
[04/17 沼クジラ]
[12/13 ちい]
[07/30 成長期]
[07/27 アグッチ]
最新TB
プロフィール
HN:
餅 雅李音(ガーリィ)
年齢:
28
HP:
性別:
男性
誕生日:
1989/06/07
職業:
大学院生
趣味:
ポケモン、恐竜、将棋、麻雀、      絵描き、小説書き             (※創作全般に興味あり)
自己紹介:
ひたすら Going my way な道産子で関東圏の古生物専攻大学院生。
日本で数少ない地学系統に入る為に1年を平気で棒に振るようなお馬鹿さん。
将来の夢は古生物学者兼小説家。
平凡な人生を嫌う、My pace な駄犬。最近ドラゴン。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
photo by 7s
忍者ブログ [PR]