忍者ブログ
──人間なんてちっぽけな存在、人間同士が醜く争うなんて馬鹿馬鹿しいと思わないかな?──    ※ブログ記事の内容に対して、及びリンク連絡以外のコメントはお控え下さい。関係無い内容のコメントに関しては此方から削除させて頂きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(※本館「Blast Burn!」の小説をご覧になっている方推奨です)

 あ、と叫ぶ間も無かった。
 頬を殴られ吹っ飛ぶショウタ。ハァ、ハァ、と大きく肩で息をしているリーフの右手には拳が握られていた。唖然とする観衆。まさに一瞬の隙だった。ショウタがちょこまか動いて接近し、“かみつく”を仕掛けようとした瞬間、リーフはそれをヒラリとかわし、横から拳を叩き込んだ。攻撃が読めていたのだろうか。これまでとは違う動きに誰もが驚いていた。
「……ようやく」
 ショウタが起き上がる前にリーフは何かを呟いた。
「ようやく……殴れたぜ……」
 ニッと口の縁を上げ、勝ち誇ったような表情になる。まるでこの展開を待っていたかのようだ。一瞬天を仰ぐ。
(メブキ──)
 リーフは最初から決めていた。拳で殴るまでは他の技を使わないと。それは自分にとって大切なメブキを怪我させたショウタへの怒りであり、自分自身のプライドでもあった。例えお門違いだと言われようと関係ない。一発殴らなければ自分の気持ちが収まらなかったのだ。
 理不尽なのはショウタの方だ。あれは事故であって怒りを自分に向けられる筋合いは無い。しかし今は正式なバトルだ。攻撃は正当だ。しかしショウタはこの拳の意味を理解してしまった。それに、自分の攻撃を見切られてしまった。何と表現したら良いのか分からないショックで頭が固まり、動きも止まった。
(もし、かして)
 リーフの表情を見てショウタは悟った。
(俺の攻撃、見破られてた……?)
 そんな筈はない、そう自分に言い聞かせて再び立ち上がり、リーフに向かって駆け出す。どちらにしたってダメージは向こうの方が上、自分が有利なのは変わらない筈だ。そう思って次なる一連の攻撃を繰り出した。
 ところがその予感は的中した。“かみつく”は避けられ、“みずでっぽう”は当たらず、更には“れいとうビーム”すらかわされる。さっきまでとはまるで違う動き。その攻撃の最中、一瞬見えたリーフの横顔は、先に自分がしていたしてやったりの表情だった。
(何で……どうして……!?)
 焦るショウタ。しかし攻撃は外れ、“リーフブレード”を連続して当てられる。
「形勢逆転──だな」
 確信したようにウィンが呟く。隣でドンすけは呆気に取られて口をポカンと開けたままにしていた。
「リーフは待っていたんだ、ショウタを殴れる機会を。──まぁ、攻撃まで最初から読めていたとは思わないが」
「………」
 言葉を失った。殴る、それだけの為に? 正直理解出来ない。それ程までにリーフはショウタを恨んでいたのか。思わず頭の上のゴーグルに手をやる。
「信じらんねぇよ」
 思わず漏れた言葉に嘘は無い。
 リーフ。ドンすけは心の中で問いかけた。

 ──トドメの“リーフストーム”が炸裂した時、劇的な勝負は幕を閉じた。

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<<   第18章 「選考会 その三」 ⑧    + HOME +    第18章 「選考会 その三」 ⑥   >>
Admin + Write
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[04/07 すなくじら]
[04/17 沼クジラ]
[12/13 ちい]
[07/30 成長期]
[07/27 アグッチ]
最新TB
プロフィール
HN:
餅 雅李音(ガーリィ)
年齢:
28
HP:
性別:
男性
誕生日:
1989/06/07
職業:
大学院生
趣味:
ポケモン、恐竜、将棋、麻雀、      絵描き、小説書き             (※創作全般に興味あり)
自己紹介:
ひたすら Going my way な道産子で関東圏の古生物専攻大学院生。
日本で数少ない地学系統に入る為に1年を平気で棒に振るようなお馬鹿さん。
将来の夢は古生物学者兼小説家。
平凡な人生を嫌う、My pace な駄犬。最近ドラゴン。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
photo by 7s
忍者ブログ [PR]